私のセラミド美容液を使ってみた体験談です。

私は以前一時期、セラミド美容液を使っていましたが、しばらくの間、使わずに化粧水とクリームだけでスキンケアを行っていました。
それほど状態は悪くはなかったのですが、なんとなく物足りなさを感じました。
それで私の体験談としては、セラミド美容液は使うと使わないとでは雲泥の差があるということです。

 

夜はメイクオフをクレンジングで行って、その後化粧水を使います。
その後ですぐにクリームを塗っていたのですが、そこでセラミド美容液を塗るようにしたのです。
するとまだクリームを塗っていないのに、肌がすごくしっとりとしてすごくいい感じになるのです。

 

クリームで蓋をするような感じで仕上げますが、体験談としてはとてもリアルなものです。
セラミド美容液は国産のものでもいいですし、海外メーカーのものでもいいです。
自分の肌が必要としているものを含んでいて、自分の肌に合ったものを使うことがポイントです。

 

セラミド美容液によっては美白に優れているものがありますし、アンチエイジングに優れているものなどもあります。
乾燥肌に効果を発揮するようなものもありますし、ハリを与えたり、小じわのケアをするようなものもあります。

 

それで、使ってみないとわからないのですが、使ってみていい感触を得ることができたら使い続けることです。
使っている間に肌はすごく綺麗になっていきます。
クリームだけではケアできなかった部分をセラミド美容液が補ってくれるので、肌が生まれ変わったような感じになるのです。
いろいろな人の体験談を聞きましたが、やはり使ったほうが使わないよりもはるかにいいということでした。

 

私は日本製のセラミド美容液を使って肌の調子が良くなったのでそれを使い続けようと思ったのですが、使っていない海外のメーカーのセラミド美容液があったので、それを使うことになりました。
すると肌の感触が若干変わってきたことに気づきました。
先に使っていたほうが、私の肌にはより合っていたようで、後で使っているほうはちょっと肌に合わないような感じがしました。

 

でも、使えないようなものではなく、物足りなさを感じるだけで、それでもやっぱり使っていたほうが使わないよりはずっといいということは変わりがありません。
使う使わないで雲泥の差が出るのは面白いことでもありますが、使い始めると今度は使わなかったらどうなるんだろう?と不安になってしまうほどです。
やっぱり使ったほうが肌のためにはいいことですし、しっとりした潤いのある肌になれて、気持ちもアップするのです。